初めてペットを見送るあなたへ。ペットの火葬や葬儀に関してわかりやすく解説しているサイトです。

ペットの火葬、葬儀に役立つ情報を配信するサイト

ペットの土葬の方法と注意点【火葬よりも土葬が良いの?】

2019年8月31日

ペットの土葬 

「ペットは土葬できるの?どんなメリット・デメリットがある?」

「ペットの土葬はどんな方法で行うの?注意点は?」

と、飼っていたペットが亡くなり土葬しようか悩んでいる場合、「そもそも土葬はできるのか?」「どうやってやるのか?」など分からないですよね。

結論からお伝えすると、ペットの土葬はできます。

犬や猫の場合はあまりおすすめできないのですが、ハムスターやセキセイインコなどの小動物の場合は、手間もかからないため土葬がしやすいですよ。

本記事で詳しくペットの土葬方法や注意点、火葬と土葬のどちらが良いのか?などをお伝えしていきますね。

僕は動物好きなこともあり、ペットの供養について日々勉強をしています。

僕の知識が、「ペットちゃんと後悔のないお別れがしたい」と願うあなたの少しでもご参考になれば幸いです。

そもそも土葬とは?

そもそも土葬とは、遺体を火葬せずにそのまま土に埋めて葬ることをいいます。

埋葬と土葬は似ていますが、土葬は埋葬の中の一つの方法のことです。

火葬を終えたあとの遺骨を土に埋めることも埋葬といい、遺骨を納骨堂やお墓に納めることも埋葬といいます。

 

ペットの遺体を土葬することはできる?

冒頭でもお伝えしたように、ペットの遺体を土葬してあげることはできます。

ただ、ペットの遺体は「廃棄物の処理および清掃に関する法律」では一般廃棄物として位置付けられています。

言い方は悪いですが、一般的に「ゴミ」ということになるのです。

そのため、私有地以外の場所で土葬をしてしまうと、廃棄物を捨てたとみなされてしまうので注意しましょう。

 

ペットの遺体を土葬するメリット・デメリット

ここからは、ペットの土葬のメリット・デメリットについてお伝えしていきますね。

ペットの土葬の3つのメリット

土葬のメリット

  1. 家族の近くで眠ることができる。
  2. 業者に頼まずに自分たちですぐに行うことができる。
  3. 費用がかからない。

土葬の良いところは、自宅の庭に埋めることで飼い主さんやご家族のすぐ近くで眠らせてあげられることです。

飼い主さんにとっても安心しますし、ペットにとっても飼い主さんの側にいられて喜んでくれますよね。

また、土葬は火葬と違って業者に頼む必要がなく、スコップや軍手などがあればすぐに行うことができます。

一方、火葬の場合はペット葬儀社を探して予約をしないといけないので、すぐに行うことができません。

 

もう一つのメリットは、火葬と違って費用がほとんどかからないことです。

準備するものに多少の費用はかかっても、火葬に比べると金額は安く済みますよ。

僕は実際にペットの土葬をされた方々にお話を聞いたりしていますが、「スコップなどは全部家にあったから費用はかからなかった」という方が多くいらっしゃいました。

その他には、お花やお線香を購入したという人も何人かいらっしゃいましたが、費用は1,000円以内だったようです。

火葬の場合は安くても8,000円以上はするので、あなたが費用を気にされる場合は土葬が適しているでしょう。

 

ペットの火葬費用の相場を知りたい方はこちらの記事をチェック

ペット火葬費用
ペットの火葬費用の相場はどれくらいなの?火葬プラン別に料金を紹介

続きを見る

 

ペットの土葬の5つのデメリット

土葬のデメリット

  1. 土に還るまでに時間がかかる。
  2. 腐敗臭により近所迷惑になる恐れがある。
  3. カラスや猫に掘り起こされてしまう恐れがある。
  4. 自己所有地でないと土葬ができない。
  5. 大きなペットだと土葬が難しい。

土葬は、遺体をそのまま埋めるため骨になるまでに時間がかかります。

もし土地を譲渡することがあったら、新しい人が掘り起こしてしまい、動物の遺体に驚いてしまってトラブルになる可能性があります。

また、たとえ深く掘ったり掘る場所に気をつけていても、腐敗臭が出る可能性はゼロではありません。

腐敗臭により近所迷惑になる恐れがあるのもデメリットと言えるでしょう。

浅く掘りすぎるとカラスや野良猫に掘り起こされる恐れもあるため、土葬を行う場合は十分に注意して行うようにしましょう。

 

ペットを土葬できる場所とできない場所

前述したように、土葬は他人の土地で行うと法律違反となってしまいます。

ここでは、ペットを土葬できる場所とできない場所を詳しくお伝えしていきますね。

 

ペットの遺体を土葬できる場所

ペットの遺体を土葬しても大丈夫な場所は、「飼い主さんが所有する自宅の庭」と「ペット土葬専用霊園」です。

また、山林や空き地などでも、飼い主さんが所有している場合は土葬をすることが可能です。

所有している土地がないと土葬はできませんが、「ペット土葬専用霊園」にお願いして土葬をする方法があります。

ペット土葬専用霊園には、ペットの土葬専用の墓地があるため、亡くなったままの姿で埋葬を行うことが可能です。

 

場合によってはペットを土葬できる場所

場合によっては自宅の庭以外にも土葬ができる場所があります。

先ほどお伝えした「飼い主さんが所有している山や林、空き地」もそうですが、「将来開拓や販売を予定している所有の土地」「飼い主さんが所有している土地だが、不特定多数の人が利用する施設」などでも可能です。

つまり、自分の所有している土地であれば、自宅の庭以外でも土葬をすることができるということです。

 

ペットの遺体を土葬してはいけない場所

反対に土葬してはいけない場所もいくつかあります。

「公園」、「砂浜」、「河原」、「賃貸住宅の庭」などは、たとえ土葬ができそうな場所があってもしてはいけません。

自己所有地とは異なり、全員が共有している土地だからです。

自己のみが所有している土地でないと土葬はできないということを理解しておきましょうね。

マンションの1階に住んでいて、庭も所有地になるタイプのマンションであれば土葬することが可能ですよ。

 

ペットの遺体を土葬する方法・手順

ここからは、ペットを土葬する方法についてお伝えしていきますね。

以下の6つの手順に沿ってご紹介していきます。

土葬を行う際の6つの手順

  1. 土葬に使うものを準備する。
  2. 穴を掘る。
  3. 遺体をタオルで包む。
  4. ペットの遺体に石炭をかける。
  5. 土を埋めもどす。
  6. 墓標を置く。

 

手順1:土葬の際に使うものを準備する

土葬をするときに必要な物

  • 土を掘る道具(スコップなど)
  • 軍手
  • 100%自然素材のタオル(木綿・絹など)
  • 手向け用の花束
  • 墓石、記念樹など目印になる物
  • ペットの体重と同じ量の石灰

土葬をする前には、上記のものをまず用意しましょう。

絶対に必要でないものもありますが、穴を掘るために少なくともスコップは必須です。

また、軍手もあれば良いですし、自然素材のタオルも準備してください。

花束や墓石、石炭などは必要に応じて用意しましょうね。

 

手順2:穴を掘る

準備ができたら軍手やスコップなどを使い、埋めてあげたい場所に穴を掘っていきます。

特に深さに規定はありませんが、動物の死体は時間が経つと腐敗が進んで独特のニオイが漂ってしまうため、深く掘るようにしましょう。

もし堀りが浅くて腐敗臭が漂ってしまうと、近所迷惑になったり、ニオイを嗅ぎつけてカラスや野良犬などが掘り起こす恐れがあるので注意してください。

また、遺体に虫が湧くこともあるので、堀りが浅いと衛生面にも問題が出てきます。

最低でも1mほどは掘り、余裕を持って行うことをオススメします。

 

手順3:遺体をタオルで包む

1mほど掘ることができたら、遺体をタオルで包んであげてください。

キツく包まずに、ふんわりと包み込むようで大丈夫です。

タオルで包んであげることで、衛生面や腐敗臭のリスクを抑えることができます。

気をつけることは、遺体を包むタオルには木綿や絹など100%自然素材のものを選ぶことです。

ビニールシートや不織布などの化学繊維で作られた素材だと土に還りにくく、何年経っても残ってしまう可能性があるからです。

また、湿気を中に閉じ込めてしまう恐れもあるため、できるだけ土に侵食されやい素材の方が良いのです。

「ペットが好きだったおもちゃを埋めてあげたい」と思うかもしれませんが、自然に還る素材でない物はできるだけ避けた方が賢明ですよ。

 

手順4:ペットの遺体に石炭をかける

遺体をタオルで包み終えたら、掘った穴の底へ石炭を敷きましょう。

そして、遺体を石炭の上に寝かせ、遺体の上にも石炭をかけてあげてください。

石炭には有機物の分解を促す効果と、殺菌効果があるため、腐敗による有害物質の発生を抑えてくれます。

石炭は必ずしも必要ではありませんが、あった方が良いものと言えます。

ちなみに、石炭はホームセンターなどで手軽に手に入れることができますよ。

 

手順5:土を埋めもどす

ここまでできたら、あとは遺体を埋めてあげるだけです。

なるべく踏み固めながら土を埋めていきましょう。

最後は山のように高く土を盛るようにしてください。

平たらのままだと、雨や風にさらされることで土が下へ下へ沈んでしまい、時間と共に凹んでいくので注意しましょうね。

 

手順6:墓標を置く

土を高く盛ってあげたら、墓標を置きましょう。

墓石や木の板などで目印を立てるとお墓が完成です。

木の板にペットの名前を書いたりして、なるべく埋められた場所を分かるようにするのがおすすめです。

なぜなら、もし移動などで掘り起こさなければいけない場合、場所が分かっていると亡骸を傷つけずに掘り起こすことができるからです。

 

ペットの土葬方法は以上になります。

土葬の方法や注意点をお伝えましたが、もう少し詳しく注意点をお伝えしたいので、次の項目でご紹介しますね。

 

ペットの遺体を土葬する際の5つの注意点

ペット土葬 注意点

ペットを土葬する際、5つほど注意点があるので紹介していきます。

 

①土葬だとすぐに土には還らない

すでにお伝えしましたが、遺体は少しずつ腐敗が進んでいくため、すぐに土に還るものではありません。

地中の環境次第では土の中でミイラ化したり、そのままの形で残る場合もあります。

実際に50年〜60年経っても、亡骸がほぼそのままで掘り起こされたケースもありますよ。

そのため、土葬を行う場合は、ペットの大きさにもよりますが、白骨化までに30年以上、完全に土に還るのに50年以上かかる可能性があることを想定した上で土葬を行いましょう。

 

②土地を譲渡する予定がある場合はおすすめしない

先ほどお伝えしたように、遺体はすぐに土に還りません。

そのため、この先、譲渡したり売却する可能性が考えられる場合は、土葬はおすすめできないと言えます。

安らかに眠っているペットちゃんの遺体を掘り起こし、移動させなければならない状態になるからです。

もし移動をしなかった場合でも、新しく住んだ人が家庭菜園などで増築工事をし、遺体を掘り起こしてしまう恐れもあります。

土葬を行う前には、「土葬場所をずっと残しておけるか?」を考えるようにしましょうね。

 

③土葬する場所に注意

土葬をする場所は所有している庭だとどこでも大丈夫ですが、湿度や温度などの条件が揃っていないと腐敗がうまく進んでいきません。

そのため、日当たりの悪い冷え切った場所ではなく、時間により適度に日当たりや湿気がある場所がおすすめです。

水はけの悪いところ、風雨に侵食されやすい場所は、土が凹んでいく恐れがあるため避けた方が無難です。

そして、土葬をする前は埋葬場所に配管がないかを確認したり、辺りの水場や畑に汚染の心配がないかを確認しておきましょう。

 

④掘る深さに注意

前述したように、土を掘る深さは浅すぎないようにしてください。

肉体が分解されていくときに発する腐敗臭により、野良犬や野良猫、カラスなどが寄ってくる恐れがあるからです。

人間では分からないニオイでも、動物なら敏感に感じ取ります。

ハムスター、セキセイインコなどの小さな動物を土葬するときでも浅すぎには注意して、犬や猫であれば1m〜2mほどの深さに埋めてあげましょう。

関連記事
ハムスター 火葬
【20人に聞いた】ハムスターが亡くなったら火葬してる?土葬してる?

続きを見る

 

⑤ペットと一緒に土葬するものに注意

こちらも前述しましたが、ペットの好きなおもちゃだったり、首輪、リード、洋服など、基本的に腐らない物は一緒に土葬しないでください。

また、食べ物も他の動物がニオイを嗅ぎつけて寄ってくる可能性があるので、あまり入れないことをおすすめします。

 

以上がペットの土葬の注意点になります。

もし「ペットを土葬するか?火葬するか?」でお悩みであれば、次の項目で「あなたがどちらがオススメか?」をご紹介しているのでご覧ください。

 

ペットは土葬した方が良いの?火葬した方が良いの?

結局、ペットの埋葬には土葬と火葬どちらが良いのか?という点ですが、それは飼い主さんの考え方次第ということになります。

ただ、メリット・デメリットを踏まえると、土葬がおすすめの方と、火葬がおすすめの方が分かります。

以下で詳しくお伝えしていきますね。

 

土葬がおすすめな方

土葬がおすすめな方

  • 「すぐ近くでペットを眠らせてあげたい」とお考えの方。
  • 「ペットを自然に還してあげたい」とお考えの方。
  • 埋葬に費用をあまりかけられない方。
  • 庭が広く、遺体を埋めるスペースが十分にある方。
  • 火葬に抵抗のある方。
  • 土地を譲渡する予定のない方。

土葬は、費用をあまりかけられない方や、家族のすぐ近くに眠らせてあげたいとお考えの方には適しています。

また、火葬をすることに抵抗があったり「ペットを自然に還してあげたい」とお考えの方にも適しているでしょう。

 

火葬がおすすめな方

火葬がおすすめな方

  • 納骨堂に遺骨を納めたい方。
  • 個別墓地、合同墓地に遺骨を納めたい方。
  • お骨の姿で近くに置いておきたいとお考えの方。
  • 土地を持ってなく、土葬する場所がない方。
  • 土地を持っていても譲渡・売却予定のある方。
  • 腐敗臭などが心配で、土葬に抵抗のある方。
  • 「費用がかかってもいいから人間と同じように供養してあげたい」とお考えの方。

火葬は土葬に比べると費用はかかりますが、業者の方が丁寧に供養をしてくれて、葬儀も行うことができるので、満足のいく方は多いです。

また、費用をあまりかけられない場合、自治体が運営する公営火葬場に頼めば費用を安く抑えることもできますよ。

近年ではアパートやマンションなどが増え、自分の土地を持っていない方が多いため、ペットの供養は「火葬」が一般的となっています。

ペット葬儀社は全国にたくさんあり、今は自宅前で火葬ができる「移動火葬」という火葬方法もあります。

火葬と土葬のメリット・デメリットを理解した上で、「ペットちゃんをどうやって供養してあげるか?」決まるようにしましょうね。

 

ペットの火葬方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ペット 火葬方法
【ペットの火葬方法を徹底解説】どんな火葬プランがあるの?

続きを見る

民営火葬場と公営火葬場について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ペット 柴犬
ペットの火葬は公営と民営のどっちがいいの?特徴・違いを徹底解説!

続きを見る

移動火葬車について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

ペット移動火葬車
【経験談あり】ペット移動火葬車は信頼していいの?特徴・不安点を全解説

続きを見る

 

犬や猫の場合は火葬がおすすめ

「土葬がおすすめな方」、「火葬がおすすめな方」をご紹介しましたが、僕は「犬や猫の場合は火葬が良い」と思っています。

たしかに土葬は庭があれば、犬や猫でも行うことはできます。

でも、犬や猫はハムスターやインコ、ハリネズミなどと違って体が大きいので、腐敗臭などのリスクが高くなってしまうんです。

また、体が大きいほど土を掘るのが大変になり、かなり手間がかかってしまいます。

子猫や子犬であれば大丈夫ですが、大型犬であれば物理的に難しいかもしれません。

 

犬や猫は土葬よりも、遺骨の埋葬がおすすめ

僕は実際にペットの供養をされた方々にお話を聞いていますが、犬や猫の場合は「火葬」を選ばれている方が多くいらっしゃいました。

「山に埋めに行った」という人もいましたが、現在の法律では山に土葬するのは禁止されています。

法律違反をしてまで土葬をするのはペットちゃんにとっても可哀想ですよね。

 

なので、「犬や猫ちゃんを庭に埋めてあげたい」という場合は、火葬をして遺骨を埋葬してあげてください。

遺骨の埋葬であれば、腐敗臭のリスクはなくなり、土を深く掘る必要もありません。

火葬をするので費用はかかってしまいますが、「腐敗臭によるご近所迷惑」や「遺体を掘り起こされるリスク」を考えると、遺骨を埋葬する方法が最もおすすめですよ。

ご家族でよく相談して、「どうやって供養をしてあげるか?」決めていきましょうね。

ちなみに、ハムスターやインコなどの極小動物でも火葬は行うことができ、遺骨を持ち帰ることができます。

 

ペットのお墓を作る手順について知りたい方はこちらの記事をチェック

ペット お墓 供養
ペットのお墓は自宅に建てて良いの?6つの手順と注意点をご紹介

続きを見る

ハムスターの火葬・土葬について知りたい方はこちらの記事をチェック

ハムスター 火葬
【20人に聞いた】ハムスターが亡くなったら火葬してる?土葬してる?

続きを見る

インコの火葬について知りたい方はこちらの記事をチェック

インコ 火葬
【経験者に聞く】インコの火葬はどんな感じだった?骨は残ったの?

続きを見る

 

ペットを「山に埋めたい」という場合は散骨という方法もある

もしペットを「山に埋めてあげたい」という場合は、散骨という方法があります。

散骨とは、遺骨をそのまま埋めるのではなく「遺骨を粉末状にしてから山に撒く」供養方法です。

自己所有をしていない山に遺体を土葬したり、遺骨を埋葬するのは法律で禁止されていますが、散骨であれば行うことができますよ。

ペット葬儀社では「遺骨を粉末状にするサービス」を用意していることが多いので確認をされてみてくださいね。

 

最後に

まとめ

  • ペットを土葬することは可能。
  • 土葬は費用がかからず、準備ができたらすぐに行うことができるメリットがある。
  • 土葬は遺体を土に還るまでに時間がかかるデメリットがある。
  • 土葬は自己所有地以外の場所で行うと法律違反になる。
  • 土葬は1m〜2mほど掘らないと腐敗臭が発生したり、野生動物に掘り起こされるリスクがある。
  • 犬や猫の場合は、腐敗臭などのリスクが高いため、火葬をして遺骨を埋葬する方法がおすすめ。

ペットの遺体を土葬することは可能です。

ただ、必ず所有する土地で土葬を行い、腐敗臭などで近所迷惑にならないためにも、深く掘るようにしましょう。

また、ペットの供養方法には土葬だけでなく、火葬もあります。

ハムスターやフェレットなどの小さい動物でも火葬を行うことはできるので、もし土葬が難しい場合は、火葬を考えてみるのも良いでしょう。

後悔をしないためにも、よく検討し、あなたが納得のできる供養方法を選ぶようにしましょう。

今回僕がご紹介したことが、「ペットと後悔のないお別れがしたい」と願うあなたの、少しでもお役に立てれば幸いです。

あなたが、ペットちゃんと後悔のないお別れができることを、僕は願います。

ペットの火葬・供養について種類別でご紹介しています。

蛇の火葬

ペットの種類のよる火葬方法

蛇(ヘビ)の火葬の全知識!費用はどのくらい?遺骨は残るの?

「蛇が亡くなったら、火葬はできるの?」 「蛇の火葬はどこでできるんだろう?骨は残るのかな?」 と飼っていた蛇が亡くなったら、「火葬をすることはできるのか?骨は残るのか?」など分からないことが多いのではないでしょうか? 犬や猫に比べると蛇は珍しいペットですが、飼い主さんにとっては大切な家族ですよね。 結論からお伝えすると、蛇のような爬虫類のペットでも火葬をすることができ、多くのペット葬儀社で蛇の火葬に対応されていますよ。 お骨も残すことができます。 本記事では、「蛇の火葬」について詳しくお伝えしていきますね ...

続きを読む

うさぎ 火葬 

ペットの種類のよる火葬方法

【経験者に聞く】うさぎの火葬はどんな感じだった?どこで火葬したの?

「うさぎが亡くなったら、どこでどんな方法で火葬するの?」 「うさぎの火葬はどんな感じで行うの?」 と、飼っていたうさぎが亡くなったら「どこでどんな方法で火葬するのか?そもそもうさぎの火葬はどんな感じなのか?」分からないですよね。 そこで僕はネットのサービスを使って、実際にうさぎの火葬を行なった方々(3人)に経験談をお聞きしました。 アンケート内容 火葬はどこでどんな方法で行なったか? 火葬費用や火葬時間は? 心残りはないか? 火葬をする際に気をつけることはあるか? 上記の点についてお聞きしてきましたので、 ...

続きを読む

ハリネズミ 火葬

ペットの種類のよる火葬方法

ハリネズミの火葬の全知識!遺骨は綺麗に残るの?

「ハリネズミが亡くなったらどうしたらいいの?」 「ハリネズミは小さいけど火葬はできる?遺骨がちゃんと残るのか心配…」 と、飼っていたハリネズミが亡くなったら「どうしてあげたらいいのか?火葬はできるんだろうか?」と分からないことが多いかと思います。 ツンと尖った鼻で真ん丸な瞳、手の平に乗るほどの小さくて可愛いハリネズミ。 犬や猫と比べて寿命は短いですが、たとえ数年間の間でも飼い主さんであるあなたにとって大切な家族の一員です。 僕はチワワを飼っていますが、ペットのことを想う気持ちは同じです。 亡くなったら、ち ...

続きを読む

インコ 火葬

ペットの種類のよる火葬方法

【経験者に聞く】インコの火葬はどんな感じだった?骨は残ったの?

「インコが亡くなって火葬を考えてるけど、インコの火葬ってどんな感じなの?」 「インコを火葬した人は、どこでどんな方法で行なったんだろう?お骨は残ったのかな?」 と、飼っていたインコ(小鳥)が亡くなり、火葬をお考えだと「インコの火葬はどんな感じなのか?」「火葬したらお骨は残るのか?」など、分からないことが多いかと思います。 犬や猫と同じで、インコちゃんも大切な家族の一員です。 僕は、ペットの火葬をされた方々にお話を聞いたりしていますが、インコを火葬される方は実際にいらっしゃいますし、最近ではインコの火葬に対 ...

続きを読む

ハムスター 火葬

ペットの種類のよる火葬方法

【20人に聞いた】ハムスターが亡くなったら火葬してる?土葬してる?

「ハムスターが亡くなったら、火葬したらいいの?土葬したらいいの?」 「みんなはハムスターが亡くなったら、どんな供養をしてるの?」 と、飼っていたハムスターが亡くなったら「遺体はどうすればいいのか?」「火葬をした方が良いのか?」悩まれているのではないでしょうか? ハムスターは犬や猫と比べると寿命は短いですが、飼い主さんであるあなたにとって、大切な家族の一員です。 後悔が残らず、「ありがとう」と言ってハムちゃんと納得のいくお別れができるよう、僕にお手伝いをさせてください。 僕は今回、ネットのサービスを使って実 ...

続きを読む

地域別でおすすめのペット葬儀社をご紹介しています。

沖縄 ペット 火葬

近隣の情報を探す

【2020年最新】沖縄のおすすめのペット火葬業者4選。口コミあり

「沖縄県にはどんなペット火葬業者があるの?」 「沖縄県で評判の良いオススメのペット火葬業者を知りたい」 と、沖縄にお住まいで初めてペットの火葬をされるあなたにとって「沖縄にはどんなペット火葬業者があって、どこがオススメなのか?」分からないですよね。 そこで本記事では、ペット火葬業者について半年以上調査をしている僕が、沖縄県のオススメのペット火葬業者を4社厳選いたしました🔽 沖縄ペットエンゼル ペット葬祭 まごころ 円通寺 ペット葬儀110番 地域 中頭郡西原町小那覇 沖縄市美里 浦添市仲間 ...

続きを読む

ペット 火葬 福岡 口コミ

近隣の情報を探す

【2020年最新】福岡県のオススメのペット火葬業者5選!口コミあり

「福岡県にどんなペット火葬業者があるのか知りたい」 「福岡県でオススメのペット火葬業者はどこなの?」 と、福岡県にお住まいで初めてペットの火葬を行うあなたにとって、「福岡県にはどんなペット火葬業者があって、どこがオススメなのか」分からないのではないでしょうか? そこで本記事では、ペット火葬業者について半年以上調査してきた僕が、福岡県にあるペット火葬業者を徹底リサーチし、オススメの業者を5つ厳選いたしました。 【1位】 ペット葬儀110番 【2位】さわら メモリアルパーク 【3位】久留米 ペット霊園秋光の園 ...

続きを読む

ペット火葬 京都

近隣の情報を探す

【2020年最新】京都府のおすすめのペット火葬業者5選!口コミあり

「京都府にどんなペット葬儀社があるか知りたい!」 「京都府にも沢山ペット葬儀社があるから、どこに依頼すればいいか分からない!」 と、京都にお住まいで、初めてペットの火葬をお考えのあなたにとって、「京都府にはどんなペット火葬業者があって、どこがオススメなのか?」分からないですよね。 そこで今回は、ペット火葬業者について半年以上調査をしてきた僕が、京都府にあるペット火葬業者を徹底リサーチし、おすすめの業者を5つ厳選しました。 【1位】 ペット葬儀110番 【2位】 炭山ペットパーク 【3位】ベルナペット セレ ...

続きを読む

ペット火葬 神戸

近隣の情報を探す

【絶対に後悔しない】神戸市のオススメのペット火葬業者4選!口コミあり

「神戸市にはどんなペット火葬業者があるの?」 「神戸市のおすすめのペット火葬業者はどこ?」 と、兵庫県神戸市にお住まいで、初めてペットの火葬を依頼するあなたにとって、「神戸市にはどんなペット火葬業者があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? そこで今回は、ペット火葬業者について半年以上調査・勉強をしてきた僕が、神戸市にあるペット火葬業者を徹底リサーチし、後悔のしないオススメの業者を4社厳選いたしました。 【1位】 ペット葬儀110番 【2位】 神戸動物霊園 【3位】鈴蘭台ペット メ ...

続きを読む

ペット火葬 大阪

近隣の情報を探す

【2020年最新】大阪府のおすすめのペット火葬業者5選!口コミあり

「大阪府にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「大阪府だけでも沢山ペット葬儀社があるから、どこに依頼したらいいか分からない。」 と、大阪府にお住まいで、ペットの火葬をお考えのあなたにとって、「大阪府にはどんなペット葬儀社があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? 火葬はペットちゃんのために僕たちができる最後のこと。 僕は動物が好きで、ペットの火葬・葬儀について書籍などで勉強をしており、実際に火葬をされた方々からも経験談をお聞きしています。 あなたがペットちゃんと後悔のないお別 ...

続きを読む

ペット火葬 名古屋

近隣の情報を探す

【口コミあり】名古屋市にあるオススメのペット火葬業者3選

「名古屋にはどんなペット火葬業者があるの?」 「名古屋市でおすすめのペット火葬業者はどこ?」 と、愛知県名古屋市にお住まいで、初めてペットの火葬依頼をお考えのあなたにとって、「名古屋市にはどんなペット火葬業者があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? そこで今回は、ペット火葬業者について半年以上調査をしてきた僕が、名古屋市にあるペット火葬業者を徹底リサーチし、おすすめのペット火葬業者を3つ厳選いたしました。 【1位】 ペット葬儀110番 【2位】 長楽寺動物霊園 【3位】眞如院ペッ ...

続きを読む

千葉ペット火葬

近隣の情報を探す

千葉でおすすめのペット火葬業者5選【口コミもご紹介】

「千葉県には、どんなペット火葬業者があるの?」 「千葉県でオススメのペット火葬業者はどこ?」 と、千葉にお住まいで、ペットの火葬の依頼をお考えのあなたにとっては、「千葉県にはどんなペット火葬業者があって、どこがオススメなのか?」分からないのではないでしょうか? そこで今回は、ペット火葬業者について半年以上調査・勉強をしてきた僕が、千葉県にあるペット火葬業者を徹底リサーチし、オススメのペット火葬業者を5つ厳選いたしました。 【1位】 ペット葬儀110番 【2位】 リンペットセメタリー 【3位】ペットセレモニ ...

続きを読む

埼玉県 ぺット火葬

近隣の情報を探す

【2020年最新】埼玉県のおすすめのペット火葬業者5選!口コミあり

「埼玉県にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「埼玉県だけでもペット葬儀社は沢山あるから、どこを選んだら良いか分からない!」 と、埼玉県でペットの火葬をお考えのあなたにとって、「埼玉にはどんなペット葬儀社があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? ペットが亡くなると、悲しくて辛くて、冷静でいられなくなって、葬儀場を探す気力を無くしてしまいますよね。 そんなあなたの、少しでもお役に立たせてください。 今回は、ペット葬儀社について半年以上調査をしてきた僕が、埼玉県にあるペット葬儀 ...

続きを読む

ペット火葬 川崎

近隣の情報を探す

【2020年最新】神奈川県川崎市のおすすめのペット火葬業者3選!

「川崎市にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「川崎市で評判の良い、おすすめのペット葬儀社はどこなの?」 と、神奈川県川崎市でペットの火葬をお考えのあなたにとって、「川崎市にはどんなペット葬儀社があって、どこがおすすめなのか」分からないのではないでしょうか? ペットが亡くなると、悲しくて辛くて、冷静でいられなくなって、葬儀場を探す気力も無くなってしまいますよね。 そんなあなたの、少しでもお役に立たせてください。 今回は、ペット葬儀社について半年以上調査をしてきた僕が、川崎市にあるペット葬儀社を徹底リ ...

続きを読む

ペット火葬 横浜

近隣の情報を探す

【2020年最新】神奈川県横浜市のおすすめのペット火葬業者5選!

「横浜にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「横浜市にもペット葬儀社が沢山あるから、どこを選んだらいいか分からない!」 と、神奈川県横浜市にお住まいで、ペットの火葬依頼が初めてのあなたにとって、「横浜にはどんなペット葬儀社があって、どこがおすすめなのか」分からないのではないでしょうか? ペットが亡くなると、悲しくて辛くて、冷静でいられなくなって、葬儀場を探す気力も無くなってしまいますよね。 そんなあなたの、少しでもお役に立たせてください。 今回は、ペット葬儀社について半年以上調査をしてきた僕が、横浜 ...

続きを読む

ペット 火葬 札幌

近隣の情報を探す

【2020年最新】札幌市のおすすめのペット火葬業者5選!口コミあり

「札幌市にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「札幌市にもペット葬儀社が沢山あるから、どこに依頼したらいいか分からない!」 と、北海道札幌市または札幌市近くにお住まいで、初めてペットの火葬依頼をお考えのあなたにとって、「札幌市にはどんなペット葬儀社があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? ペットが亡くなると、悲しくて辛くて、冷静でいられなくなって、葬儀場を探す気力も無くなってしまいますよね。 そんなあなたの、少しでもお役に立たせてください。 今回は、ペット葬儀社について半年 ...

続きを読む

ペット火葬 町田

近隣の情報を探す

【2020年最新】東京「町田市」の評判の良いペット火葬業者4選!

「町田市にどんなペット葬儀社があるのか知りたい!」 「町田市で評判の良い、おすすめのペット火葬業者はどこなの?」 と、東京「町田市」にお住まいで、初めてペットの火葬依頼をお考えのあなたにとって、「町田市にはどんなペット火葬業者があって、どこがおすすめなのか?」分からないのではないでしょうか? ペットの火葬は、僕たち飼い主がペットのためにしてあげられる最後のこと。 今、ツライ心境かと思いますが、ゆっくりでいいですので、後悔のないお見送りをするためにも、冷静に信頼できるペット葬儀社を見つけていきましょうね。 ...

続きを読む

 

-見送りの方法

Copyright© ペットの火葬、葬儀に役立つ情報を配信するサイト , 2021 All Rights Reserved.